読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由を求めて、世界を周る

自由に生きていくためのBlog -自由って案外大変-

ブログを始めて1ヶ月間の変化と、私が気付いた3つのこと

http://www.flickr.com/photos/46944516@N00/11193786933

本日でブログを始めて1ヶ月となりました。いつもご拝読頂き有難うございます。

本日は1ヶ月間でやってきたことと、それにより気付いたことをまとめたいと思います。

 これまでの経緯と変化

1週目

私がブログを始めたのは、11月の連休の最終日で、丁度暇だったからです。初日に旅行の写真を次々とアップし、旅行記を記録するのが目的でした。

しかしながら、1日ではてなフォトライフが一杯となり、旅行記も書き切り、翌日から自分の考えをまとめる場所へとシフトしていくことにしました。

2週目

当初は、全く読者がいない状態でしたが、1週間もすると読者数が毎日10名くらいになりました。また、読者登録してくれたり、★をくれる方が出てきました。

この頃から、私は興味本位で他の人のブログを読むことになります。運良く、★をくれたり読者登録頂いた方が人気ブロガーだったために、この読むという行為が私のブログを大きく変化させました。

私が最初に参考にしたのは、初期に読者登録頂いた「ちるど(cild)」さんの「散るろぐ」でした。

3週目

読んでもらう為の工夫をするようになり、徐々に読者数が増え、この頃には1日300-500アクセスとなりました。

4週目

そこで、私はブログの内容を変えて、体験談を書き始めました。それ以降アクセス数も5千を超える日も出てきました。

 

そして、1ヶ月目を終えて、私が気付いた3つのことです。

1.「書く」とは「伝える」こと

色んなブログを読んでいると、読者を意識していないものが多い気がします。

まず100%の自己満足で書いてない限りは、そこに読者が存在しているので、読みやすい文章である必要があります。

  1. 余程文章が上手い人や読みやすい(滑らかな)文章を書ける人以外は、出来るだけ簡潔にまとめた方が良いと思います。最後まで読み切れる記事は思った以上に少ないです。
  2. 見出しなどを使って分かり易くする。これも記事にアクセントをつけて読みやすくしたり、また飛ばし読み出来るようにしておくと逆に読みやすくなります。

 

伝えることを目的にした時点で、ブログはコミュニケーションの手段となります。それがブログの面白さなのかもしれません。

 2.他の人のブログをどれだけ読んだかが大切

他の人のブログを読むと様々な発見があります。人気ブロガーでも開始当初の記事はあまり読まれてなかったり、そこから色んな工夫がみられたりします。

また、面白い記事なのに余り読まれていないブログも多いです。自らが色んなブログを読んで、読み終わったら★を付けて、その方々に訪問してもらうことにより、自身のブログに読まれる機会が増えます。まずは読んでもらうことが大切だと思います。

その為には、読むことです。1つ書いたら100個読む、を1週間繰り返すと自分のブログが変化していることに気付きます。

 3.自分のブログの最大の読者は自分自身

途中から、私はブログを通して、希望や勇気みたいなものを伝えたいと思い始めました。その結果、気が付いたのは、一番希望や勇気をもらっていたのは自分自身でした。

他の人のために書く努力(伝える努力、読む努力)は巡り巡って自分に返ってくるのだと思います。

仕事もそうですが、相手のことを最優先で考えることが、最も自分の利益となります。

本質的なことはブログも同じなのかもしれません。

 

では、明日から、また投稿します!

よろしくお願いします。

広告を非表示にする