自由を求めて、世界を周る

自由に生きていくためのBlog -自由って案外大変-

アベノミクスへの疑問について、高橋洋一が圧巻の回答!

アベノミクスの逆襲

昨日の大前研一氏のエントリーへの反響が大きかった為、本日はアベノミクス推進派高橋洋一氏を取り上げてみます。VOICEの選挙特番において、アベノミクスへの疑問を高橋洋一氏が回答しており、とても参考になったので抜粋してみました。


大前研一が語るアベノミクスが失敗する理由と対策が秀逸! - 自由を求めて、世界を周る

 

アベノミクスの点数

3月までは100点、それ以降のマイナス要因は消費増税のみ(高橋氏が増税前に予測した数値になっている為、それ以外の外的要因はないと言える)

4月に実施した増税により、景気が2年前の状況に逆戻りしてしまった。現在は、増税前のアベノミクスの貯金(遅行指数)で食っているような状態。

高橋洋一 (経済学者) - Wikipedia

大前提として『アベノミクスは成功だが、増税がその効果を帳消しにした』と言うのが高橋氏の結論である。

 

以下に、視聴者やパネラーからの質問と高橋氏の回答を列挙したい。

 

Q)株価18,000円超えと言っても、儲かってるのは大企業だけではないでしょうか?

株価は低いより高い方がいい。まだら模様ではあるが、経済全体が良くなっているので、中小企業でも実際は損はしていない。

 

Q)円安で資材価格が高騰し、中小企業は大変なのではないでしょうか?

円安10%でGDP0.5%(3兆円)の経済効果があるので、全体では良くなっている。

倒産件数も過去20年で一番低い数値(バブル時期と同じレベル)となっている。

 

Q)アベノミクスの効果が出るまでにどのくらいかかるのか?

通常は2年必要(1年でも効果はあるが、その前に消費税を上げてしまった)

雇用は、最初に新卒、失業者、高卒の人に恩恵があるので、それ以外の人が効果を実感できるようになるには時間がかかる。

 

Q)賃上げ率2.07%(過去15年で最高)と言っても、物価も上がってるので実質マイナスではないでしょか?

今後2年間増税しないので、2年後には物価より給料が上がる。

消費増税で2%物価上昇率で1%、計3%の物価上昇となっている為、消費増税分の2%が無ければ、実質1.7%給与の方が高かった。

実質マイナスとなった要因は増税であり、アベノミクスによるものではない。

 

Q) 就業者数が100万人増えているが、増えているのは非正規ではないか?

まずは、職を得たことが前進である。民主党時代は雇用が30万人減っている。政権運営で一番大切なのは職があるかどうか、であり自殺率や生活保護などが減り、国家によって良い影響がある。

最初は失業者が職を得て、その数が雇用者数に反映されるために非正規が多くなる。本来は正規・非正規ではなく、同一労働同一賃金にするべきだ。

 

Q)企業の内部留保の問題について

人の懐に手を突っ込むような政策はやらない方がいい。

企業は、5年間くらい円高だと海外へ逃げてしまう。その反面、5年間くらい円安だと国内回帰する。円安が5年くらい続くと、企業が国内投資などで金を使い始めるので、その為の政策を続けるべきである。

 

Q)消費税の先送り(2017年4月に景気条項なしで増税について)

今回の景気条項なしでの増税先送りは、財務省へのリップサービスである。2016年7月の参議院選挙の際に、もう一度増税の信を問うことになる。その結果で決まる。

 

Q) 増税先送りで年金・介護・子育て予算が、最大で1兆4500億円(消費税0.5%分)足りなくなるのではないか?

これは財務省の嘘であり、このくらいの金額なら簡単に捻出できる。

例えば、財務省の利権に手を突っ込むことになるが、外為特会(ドル債)を売却すると、円安による含み益で10兆円以上捻り出せる。外為特会だけで5年間は大丈夫である。

 

Q)なぜ高橋氏は、消費増税に反対していたのか?

景気が悪くなるから。実際にGDP15兆円、税収で3兆円分の損となった。税率上げて税収が下がるのでは意味がない。実際は、金融政策で経済成長を続けた方が良かった。増税前は、金融政策で実質2%以上の成長だった為に、それだけで対応できた。

前回の金融緩和と今回の増税先送りにより、1年間は効果が期待できる。

 

Q)いつまでも紙幣を刷り続けるわけにはいかない。どこかで策を考える必要があるのではないか?

出口については、アメリカに前例がある。アメリカは出口までに6年かかった。日本は、まだ始めてから2年しかたっていない。他国のやり方を見て決めればよい。

ただし、政府は時々変なことをするのでチェックは必要。例えば、現在は景気が悪くなっているので、予算を渋ってはいけない。敢えて、大きな予算を作ると、悪くなっている景気が上がる。その為の財源として、借金ではなく外為特会のような埋蔵金を使うとよい。

 

所感

私は、金融緩和には賛成だが、日本の増え続ける借金には不安を覚える。本当に経済成長による税収増だけで解決できるのなら良いが、やはり解決には輸出できるくらいの量のエネルギーを掘削するなど、経済に大きなインパクトのある何かが必要な気がする。

アベノミクスが失敗した場合は、大増税か大幅な歳出削減の道が待っているのではないだろうか。

 

【拡散】141214ちちんぷいぷい×VOICE 乱!総選挙2014★高橋洋一 財務省の嘘を論破 「円安の含み益で10兆円くらい簡単に作れる」「今の倒産件数は好況だったバブル期並みになっている」 - Dailymotion動画

広告を非表示にする