読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由を求めて、世界を周る

自由に生きていくためのBlog -自由って案外大変-

人生の分岐点で再びのスペイン(出会ったあの頃と同じ位置にいる)

f:id:Fancyfree:20141103180835j:plain

昨年、私は長年の親友の別荘に滞在していた。


知人の別荘へ向かう - 自由を求めて、世界を周る

久々に再開した彼は、以前と何も変わってなかった。

前回会ったのは10年以上前だったと思う。彼の経営する会社のエキシビジョンの為に来日した時だ。

その前は、私の実家が倒産し、私が逃げるようにスペインへ渡った時だ。


実家の倒産、家族の離散から再スタートまでの物語 - 自由を求めて、世界を周る

 

滅多に会わないが、私は彼の存在を忘れることはない。

最初に出会ったNYで、彼に影響を受け、私の人生は大きく変わった。実家が倒産した時も、私が離婚した時も、彼に助けてもらったり助言をうけたりした。

私にとって、彼はそういう存在である。

偶然の出会いが人生を変える。だから人生は面白いのだと思う。


ニューヨークで私は人生の全てを学んだ - 自由を求めて、世界を周る

 

今回の訪問は、簡単にはいかなかった。

昨年、私はずっと海外を周っていた。ヨーロッパに点在する知人を訪問しながら色んな国を旅行していた。

ちょうどパリでNY時代の旧友と話している時に、スペインのフェリックスの話題になった。そして、会いに行こうとしたが、連絡先が分からなくなっていた。フランス人の知人も同じく彼の連絡先が分からなかった。

 

実は、彼の経営する会社に電話した際に、既にフェリックスが自分の会社を売却済みだと伝えられた。

どうしても連絡を取りたいと話すと、その会社から折り返しがあり、その後フェリックス本人から連絡がきた。

 

私は、すぐにスペインへ飛んだ。

 

彼は、地中海沿いのリゾート地に住んでいた。結婚して、もうすぐ子供が生まれるそうだ。

私は彼の別荘の一つ(ちょうど空いていたコンドミニアム)に泊まった。

 

彼の経営していた会社はヨーロッパでは有名なメーカだ。株主である親族や兄弟とのトラブルが嫌になって、会社を売ったそうだ。その後、スペインのリセッションでなかりの資産を失ったらしい。

現在は、失わずに済んだいくつかの不動産収入で生活している。

多分、彼がもう一度、頂を目指すことはないだろう。今のまま平和にゆっくりと暮らすことがある意味ゴールなんだと思う。

 

私は、今までのエントリーでも書いたが、色々あったが何とかうまくいった。

現在は、そんなに働かなくても、海外旅行をしながらでも生きていける状況になっている。

20年前とは大違いだ。

20年前、私は絶望の淵に居て、彼との差を感じた。今は、何となくNYで最初に出会った頃と同じ位置で話しているような気がする。

また昔に戻ったようでとても懐かしい気持ちになった。

 

我々は、何もない冬のリゾート地で、NY時代のように色んな話をして、そして別れた。

f:id:Fancyfree:20141103180508j:plain

 

これからどうなっていくのだろうか?

この先10年、20年と未来は続く。きっと大変なこともあると思う。それでも今までと同じように、また乗り越えられると思う。

そして、我々は再会の度に、ずっと同じ位置で会話していけるようでありたい。

それが私の今のモチベーションとなっている。

 

世界中の、自分の親友に、昔私が苦しかった時に助けてもらったように、何かあれば勇気を与えられる存在でありたい。

そういう人間である為に、日々邁進していく!

 

広告を非表示にする