自由を求めて、世界を周る

自由に生きていくためのBlog -自由って案外大変-

あの時両親は、何を想い、何を考えていたのだろうか?

今まで考えたこともなかったが、何故か急に両親の気持ちについて考えるようになった。

これもブログを始めたお蔭かもしれない。

http://www.flickr.com/photos/33479336@N05/5106284884

photo by shibuya246

私は、田舎で育った。両親も田舎で育って、そのまま結婚して、子供を育てた。

育てられたのが、私で、一家の長男だった。田舎では長男はとても重要で、私は親の期待通りかどうかは分からないが、それなりに良い成績で高校まで進んだ。

 

実は、高校進学の際に、東京へ行きたいと話したことがある。当時私立であれば県外からも進学できると誰かから聞いたからだ。両親は、全く相手にしてくれなかった。多分、冗談だと思ったのだろう。

 

そして地元の高校へ進んだが、高校1年修了時に、今度はアメリカへ留学したいと両親に伝えた。

東京から、1年経って、日本ではなく世界へ行きたくなったのだ。そこで思いついたのがアメリカだった。

私は、アメリカどころか東京(修学旅行で行ったくらい)へも行ったことが無かったので、流石に親に止められた。

私の高校を卒業しておけば、地元で就職できるから取りあえず卒業はしておけ、というアドバイスだった、

 

私の家族も親戚も、海外どころか東京へも行ったことが無いのだ。私の存在は、かなり突飛に映っていたかも知れない。しかも長男だ。何とか阻止したかったのかもしれない。

私は地元に居ても将来性がないと考えていたし、地元が好きではなかった。

 

高校を卒業して進学するタイミングで、私は遂にアメリカ行きを伝え、両親は文句も言わず承諾してくれた。

他のクラスメイトは地元の国立大学か、または大阪、名古屋、東京などの都会へ進学していく。私には、アメリカしかなかった。そこに何か大きなものがあると信じていた。

 

アメリカ行きについては、まず担任の先生もよく分からないし、当然親も親戚も何も分からない。運良く、学校に国内の大学の推薦入学と一緒にアメリカの大学の推薦も来ていた。私は、それを利用しようと考えた。

そして、最終的に荷造りして、人生初の飛行機に乗って、何も分からないアメリカへ渡ることになるのだが、両親は一体どういう気持ちだったのだろうか?

 

当時の私は興奮で毎日楽しく仕方なかったが、両親の気持ちについては考えたこともなかった。

海外の大学なので、予想していた以上に費用が掛かっていたかもしれない。そういったお金の心配と子供の健康の心配や将来の不安など、様々な思いが交錯していた気がする。

 

もし、私が両親の立場であればどうしただろうか?

得体の知れない国へ子供を一人で送り出すのは勇気がいることだ。余りにも未知の世界過ぎて、親として何のアドバイスも出来ない。途中で金が無くなって仕送りが出来なくなっても、日本と違い奨学金のようなセカンドチョイスも存在しない。

私だったら、自分の理解できる範囲に子供を置いておきたかったと思う。特に長男だったので、田舎的な対外的面子もある。

アメリカへ行ったくらいで子供の将来がバラ色になるわけがないし、大人の世界を少しでも知っていれば、アメリカへ行った方がより苦労することも分かっていたと思う。

 

両親も、既に結構な年齢だ。当時の両親の気持ちを、今聞いても、本心を語るかどうか分からない。

死ぬ間際までには、当時のことを両親に聞いてみたい。

あの時の両親の決断が、間違いなく私の人生のターニングポイントだった。それがなければ今の私の生活もなかったかもしれない。

 

私の人生を決定付けた瞬間の両親の想いは、私の胸に一生刻み込まれるだろう。いつまでも懐かしく幸せな記憶として。

どんなに感謝しても感謝しきれない。。。

広告を非表示にする