読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由を求めて、世界を周る

自由に生きていくためのBlog -自由って案外大変-

感動とは何か?その正体を考える

http://www.flickr.com/photos/35636054@N02/12788043333

前回のエントリーで、今までで一番感動した食事について書いたので、今回はその感動について考えてみる。


人生で一番感動した食事の話 - 自由を求めて、世界を周る

人は何に感動しているのか?

私は、人は物語(ストーリー)に共感し、その時の感情の高ぶりを感動と呼んでいるのだと思う。

 

物語は社会のあらゆるところに存在し、例えば何かで頂点を極めた人間が、そこまで行き着く過程を勝手に想像して感動したりする。時には、その手の物語がサイドストーリーとして事前に提供されたりもする。

全ての出来事には物語が隠れていて、人間が生きている限りは、程度の差はあれ物語が存在している。

物語を売るということ

良い商品やサービスは利用者や購入者に対し物語を語ってくれる。

imac以降のAppleの商品は、常にその背後にスティーブジョブス氏がいて、魅力的な物語を語りかけてくれていた。氏の分身が商品であるかのように市場でもてはやされて、Appleは復活を遂げた。

 

Sonyが音楽プレイヤーを手のひらサイズまで小さくして、持ち運べるようにしたことによって、街中にWalkManが溢れ、それはまるで新しい時代の幕開けのような物語として世界中の人々を魅了した。

Sonyは幸か不幸か魅力的な商品を生み出すことにより、社会に偶発的に(もしかしたら意図的だったかもしれないが)物語を提供していたのだ。

それを本当に理解していたなら、現在のような状況に陥っていなかった気もする。

 

感動の正体

感動とは、物語に共感し、心を震わせている状態である、と言えるのではないだろうか。

過去のエントリーで、少しだけ感動について触れていたので、ご参考まで。。。


凡人は商品を作る、優秀な人は物語を創る - 自由を求めて、世界を周る

広告を非表示にする