自由を求めて、世界を周る

自由に生きていくためのBlog -自由って案外大変-

結局、日本は破たんするのか!?

 先日のエントリー(なぜ言葉を定義する必要があるのか - 自由を求めて、世界を周る)で例にあげた

日本が破たんするかどうか?

 について、考えてみる。

http://www.flickr.com/photos/24395453@N00/3515781892

まず、破たんの定義が必要になるが、結論から言うと、このまま借金がかさんでいけば、何れは借金ができない状態になり、(つまりは、国債の発行が困難になり)最悪、国債が暴落する可能性がある。

 

そうなると日本国民の資産が吹っ飛ぶことになる。それを防ぐために金を刷りまくるのだが、その結果(ハイパーインフレ)を懸念する人も居るが、私はそうはならないと思う。

その前にIMFが入って緊縮財政や財政再建の段階に入るだろう。

これを破たんと言うかどうかは分からないが、一般的には今までの国家の信用が失墜することになる。そして、少し前の韓国と同じ状態に陥る。企業の破たん、大量解雇、国民の海外流出などがおこる。

 

国家が再生するチャンス

韓国でも、その後ITが急激に進んだり、サムソンの台頭などの集中と選択が行われた。

そして、既得権者が排除された(いまだに既得権者だらけではあるが)私は、この状況は日本にとって悪くない気がする。既得権者が幅を利かせる日本社会は、やはり異常だ。外圧でしか変わらない気がする。

どんな準備が必要か?

資産がある人はそれを守ることになるわけだが、無い人はそもそも失うものがない代わりに、職を失うと生活に困窮することになる。将来のことは分からないし、仕事のやり方自体がこれを機に大きく変わる可能性があるので、今できることがあるとしたら、それは価値観の修正だと思う。

世の中には様々な価値観があり、それを許容できるようにしておくことによって直面する状況に対応できるようになる。それには、世界一周するのが理想だったりもするが、ネットなどを介して様々な価値観に触れることも出来る。

 

価値観を増やしておけば、何が起こっても自分の人生を受け入れて楽しむことができるのではないだろうか。

広告を非表示にする