自由を求めて、世界を周る

自由に生きていくためのBlog -自由って案外大変-

道 【TAO】

アメリカの田舎町に思い出の道がある。両脇を綺麗な芝生と背の揃った樹木で囲われた坂道だ。その先には、どこまでも続く青い空に白い雲、その道を登りきると真っ青の湖に太陽の光が反射して輝いている。 僕が18歳の時に、初めての飛行機で、初めての海外で、…

大前研一の「幸せになる生き方」から学ぶ生き方の極意

幸せって何ですか? 私がまだ18歳の時に、とても魅力的な女性に出会いました。当時の私には、彼女が幸せそうに生きているように見えて、且つ、一緒に居ると言葉にならないくらい心地良かったことを覚えています。 あれから26年が経ち、私は運良く何億円もの…

26年間会っていないあなたへの手紙(あなたに伝えたいこと)

前略 M 様 お元気ですか? 僕は今、投資家をしながら自由に世界中を旅行しています。あなたと最後に会ってから26年が経ち、田舎者で子供だった僕は幾分か大人になって、何億円ものお金と自由な時間を手にしました。 26年前には考えられなかったよね?笑 …

大前研一「日本の人口問題は戸籍と移民で解決できる!」日本の将来課題を解決する

前回の記事で、大前研一氏のアベノミクスに関する問題点と高橋洋一氏のアベノミクスに関する疑問への回答を続けて投稿したところ、圧倒的に大前氏の記事へのアクセスが多かった。その際に賛否両論も多かったために新たな投稿について悩んだが、前回の動画の…

アベノミクスへの疑問について、高橋洋一が圧巻の回答!

昨日の大前研一氏のエントリーへの反響が大きかった為、本日はアベノミクス推進派高橋洋一氏を取り上げてみます。VOICEの選挙特番において、アベノミクスへの疑問を高橋洋一氏が回答しており、とても参考になったので抜粋してみました。 大前研一が語るアベ…

大前研一が語るアベノミクスが失敗する理由と対策が秀逸!

大前研一氏が2014年の世界の経済の総括と今後の見通し、並びに日本での対策を話した動画が非常に参考になったので、ここにまとめてみました。私と考えが違う個所もありますが、特に経済対策については是非国で実施してほしい内容です。 向研会 2014年経済総…

ピカソが天才過ぎる理由(ピカソが残した3つの功績)

私は、歴史上の尊敬する人物や好きな人物を聞かれると、ガウディかピカソと答える。理由は分からないが、その回答に驚かれることが多い。日本の偉人か近代のビジネスマンあたりを挙げると想像していたのだろうか。 私の中ではピカソは人類史上稀にみる天才だ…

投資家と起業家の違い(違いを生み出す2つの能力)

私は、幾つかの事業を起業して、上手くいったことも失敗したこともある。幸いにして直近の事業が成功し、現在はその資金を元に投資家へと転じている。以前にも似たような経緯で投資を行っていたことがあり、今回も投資し始めの頃は事業と同じスタンスで挑ん…

コミュニケーションが苦手な人の本当の問題点と解決策

私は昔コミュニケーション能力に問題を抱えており、それが原因で会社を閉鎖するなど様々な失敗を繰り返してきた。 ただ生きていくには、何とかしないといけないので、色んなことを試してきた。自分のことを分析して修正するのは簡単ではないと思えば、同じよ…

日本の未来を支える、将来性のありそうな業界ベスト3

本日は、IT、医療、金融などの王道以外の分野から、将来性がありそうな業界を選んでみました。 3位)日本型のサービス業(おもてなし産業) ホテル、飲食、販売店などのソフト(マナーなど)を提供する分野。 一昔前にMadeInJapanの製品が世界を制したよう…

中国の今後について、考えられる2つのシナリオ

リクエストにお応えして、「中国の今後について」です。私の個人的見解に基づくものなので、どこまで正確な予測となっているか自信はないですが、思いつくことを書きました。 中国の現状 世界第2位の経済大国とは思えないような状態である。中国全土で発生…

私の「家族の精神疾患」に関する記事へのコメントなどについて

まず初めに、アドバイス頂いた皆様、本当に有難うございました。特に似たような症状で悩まれている方からのご意見は、非常に心に響きました。 家族が精神障害、無職になったので、まじめに解決策を考えてみた - 自由を求めて、世界を周る 家族が精神障害、無…

小学生で亡くなった同級生といじめ問題。いじめを無くす方法を考えてみた

私が小学校から中学校へあがる年に、校内の生徒が集まる葬儀が行われた。 冬の冷たい雨の中、神父が何かを読み上げる。彼女はいじめられていて、その相談のために教会に通っていた。その為、葬儀もご両親の意向で教会で行うことにしたそうだ。彼女は、取り残…

家族が精神障害、無職になったので、まじめに解決策を考えてみた

私には妹が二人いる。次女は既に結婚して主婦として生活しているが、長女は実家で母親を悩ませている。少し前に仕事を探していたので、何とか働く気になったようだが、以前はそんな状態ではなかった。母親が辛抱強く対応した成果だと思う。 長女は何故、精神…

島田紳助に学ぶ!成功するための考え方(私は成功者を何人も分析して生き残ってきた)

以前のエントリーで野村監督の動画を分析してみた。 最小限の労力で最大限の成果を得るには【野村監督を分析してみる】 - 自由を求めて、世界を周る 最小限の労力で最大限の成果を得るには【野村監督を分析してみる】 - 自由を求めて、世界を周る この動画を…

根性論で、日本人は幸せになったのだろうか?落合監督のキャンプの発想が人生が何たるかを教えてくれる

落合監督のキャンプが面白い! 元中日ドラゴンズの落合監督は、選手に沖縄キャンプで球場からホテルまで走って帰るよう指示したそうだ。その距離20KM以上、当時の中日キャンプは誰もが驚くほどの練習量だったので、その後のハーフマラソンは正に地獄だ。 …

日本の社会保障問題を解決してみようと思う

昨日政治について書いたところ、今までになくアクセスが悪かった為、今日は社会問題について書きたいと思う。日本の社会保障問題について書きたいと思うが、社会保障と一口に言っても範囲が広過ぎるため、その中でも最重要課題である高齢化に伴う社会保障に…

貧富の格差は議論のすり替えだ!まず必要なのは財源の透明性による既得権の排除ではないだろうか?

もうすぐ選挙だ。政治家の討論番組を見ていて、違和感を感じるのは議論の争点が貧富の格差に終始していることだ。貧富の格差が広がって貧困層が大変だ、それを何とかしろ、と言う一見正論のような不思議な議論だ。 政府は多額の税金を集めて、それを再配分す…

ネットワークビジネスで成功した人は今何をしているのか?

投資活動をしていると、様々なバックグラウンドを持った人と出会うことになる。資産家の家庭に生まれた人以外は、みんな何かで財を築いている。 最も多いのは一発屋芸人のように、時代のいたずらによって成功した人達だ。ただし、この手の人達の多くは、暫く…

40歳を過ぎた私が、自分の母親について書こうと思う

私の人生最初の記憶は、小さな家でカーテンのフックを袋に詰めている様子だ。一つの袋にフックを7つずつ詰めていたと思う。暗い記憶として未だに忘れられない。 当時の私の家は、神社の庭先にある小さな小屋だった。父親はアル中で、働いていた市役所を辞め…

一番愛した女性は、思い出のままに

彼女にとって、全ての男性、または全ての恋愛は“2番”だった。彼女にとっての“1番”は映画であり、その為に大切なものを簡単に手放してきた。それが彼女にとって幸せだったのかどうかは分からない。 私が、彼女と最後に会話したのは2年ほど前だ。会話と言って…

小学生の時に書いた「将来の夢」が人生を変えてくれたのかもしれない

子供の頃は「夢は何?」「将来何になりたいの?」と聞かれることが多い。大人になると「趣味は何?」と聞かれることが多くなる。 私には夢も趣味もない。昔も今も無かったし、特に必要だと感じることもなかった。 TVなどでコメンテーターが若い人を集めて、…

あなたは伝説のコメディアン レニー・ブルースを知っているか!?

第二次世界大戦後の世界は、今のように言論の自由がなかった。それは民主主義を謳歌していたアメリカでも同様だ。 そこに、母親のいない貧しい家庭で育ったユダヤ人が、過激なマシンガントークで全米の注目を浴びるようになる。それがレニー・ブルースだ。 …

ブログを始めて1ヶ月間の変化と、私が気付いた3つのこと

本日でブログを始めて1ヶ月となりました。いつもご拝読頂き有難うございます。 本日は1ヶ月間でやってきたことと、それにより気付いたことをまとめたいと思います。 これまでの経緯と変化 1週目 私がブログを始めたのは、11月の連休の最終日で、丁度暇…

過去の体験談を時系列に整理してみたら、親への感謝の気持ちでいっぱいになった。

先週、体験記をアップして以降、大変多くのアクセスを頂けるようになりました。 読んで頂いた皆様、有難うございました! 本日は、そんな体験記を時系列で整理してみたいと思います。 体験記を整理しようと、改めて過去のエントリーを読み返してみると、懐か…

度重なる失敗を乗り越えて、自由を手に入れるまでの話

チャンスは幸運と同じでサイクルだ。 ただし、普通には手の届かない距離をぐるぐる周っている。掴むためにはタイミング良く手を伸ばすしかない。 photo by justmakeit 前回のエントリーの続き(最終話)です。 離婚して全てを失った私が資本金1億円の会社を…

離婚して全てを失った私が資本金1億円の会社をつくるまでの軌跡

photo by LUIS DE GUIMARÃES 今日は、前回のエントリーの続きを書きます。 ロサンゼルスで航空券の販売をして、人生の儚さを知った話 - 自由を求めて、世界を周る ロサンゼルスで航空券の販売をして、人生の儚さを知った話 - 自由を求めて、世界を周る 人生…

ロサンゼルスで航空券の販売をして、人生の儚さを知った話

チャップリンの言葉を思い出す。 人生はクローズアップで見れば悲劇、ロングショットで見れば喜劇 もしかすると、私の人生のことかもしれない。 photo by mi..chael 今回は、倒産の後にスペインから帰国した私の人生について書きたい。 実家の倒産、家族の離…

短期間で日本の借金返済の目処を立てて、経済を復興させる方法!

photo by zilverbat. すいません、大袈裟なタイトルで。 昨日のエントリーが説明不足だったようで、その補足と、メタンハイドレードについてリリースを見逃していました。 加えて、今日プライムニュースを見ていたら、専門家が未だに自然エネルギーと原発の…

最も国民の痛みが少ない日本の再建方法はあるのか?

昨日のエントリーに続き、最も痛みが少ない日本の再建方法について考えてみます。 今、世界で何が起こっているのか? - 自由を求めて、世界を周る 今、世界で何が起こっているのか? - 自由を求めて、世界を周る まず、現在の世界と日本の置かれている状況で…